心療内科でストレス治療|心のケアでストレスを削減

改善しない体の不調

座る男の人

心療内科では心の問題を起因としてあらわれてきた、体の症状の治療とともに精神的な治療も行っています。気分の落ち込みが激しいときや、いつまでも意欲がわかないときが長く続くときなど、心療内科を受診してみてください。

もっと知ろう

精神的な病の対処法

婦人

心療内科と精神科、一見すると大きな違いは内容に思われがちですが実はそうではありません。心療内科は主に身体にその症状が出ているケース、精神科は心の症状が顕著に現れているケースで利用されています。どちらを受診するにしても、診断や治療は早いにこしたことはありません。気になる人は早めの行動を心がけましょう。

もっと知ろう

腰痛に対するアプローチ

女医

腰痛は運動器系疾患以外にも、精神的なものが関与している可能性があります。このような精神的なものが関与する腰痛では、心療内科を受診すると、効果を発揮し易くなるのです。心療内科ではカウンセリングや薬物療法などを行って、しっかりと対応してくれます。

もっと知ろう

他人事でないと受け止める

女の人

心身両方の不調を診る

病は気からという言葉がありますが、実際に気持ちが落ち込めば体調も悪くなって、病気にかかり易くなるという人は少なくありません。現代は、環境ストレスや対人ストレス、仕事ストレスなど様々なストレスを抱える人が増えています。ストレスは適度であれば良い刺激となります。目標を達成したり成長したりするきっかけともなり得ます。しかし過度にストレスを感じると、気持ちが追い詰められたり体調を崩したりします。ストレスが引き金となり、腹痛などを起こした時はいくら薬を飲んでも治らない場合も出てきます。風邪や腹痛の際には、まず内科を受診する事が一般的です。ですが、その時に症状は話しても、心の状態を話す事は少ないかもしれません。心と身体を結び付けて考えずに症状を治そうとするのが一般的だからです。心療内科は心と身体を切り離す事無く、その人の置かれた環境までも含めて、総合的に診ていく科です。心というと精神科を思い浮かべる人も多いかもしれません。精神科は主に心の症状や病気を扱う所です。それに対して心療内科は、心の病気がきっかけとなり体調まで崩した人が受診する所です。とは言え、心身が密接に関わり合っている以上明確に区別する事はとても難しいです。従ってどちらを訪れても、症状次第で適している科の方を紹介される可能性が高いです。悩まずにどちらの科でも辛い症状が出たら、病院を受診してみるのが良いでしょう。過度のストレスを感じている人は少なくありませんが、普段から深刻にならないうちに気分転換をしておく事も大事です。打ち込める趣味を持てばストレスを忘れられます。軽く運動をするのもストレス解消になるので、ストレスに強い心身を作る事も大事です。

ここに注意すれば楽になる

生活に気を付けていても、ストレスで体調を崩す事はあります。病院受診にためらいを感じてしまう人はいますが、体調不良を感じた時点で病院での受診を受けるのが、病気の早期治療のコツです。具合が悪くなれば病院に行くのは当たり前の事です。それでも初めて受診する時は緊張するかもしれませんが、診察の際きちんと症状を伝えられない事もあります。今後の治療の為にも診察は大切ですから、自分の状態を分かってもらう必要があります。事前にノートなどに症状を書き留めておくと良いでしょう。いつから症状が出ているのか、疑問点や不安な点などを書いておけば効率的に話が出来ます。心療内科は特別な場所ではないと思う事も大事で、ストレスで心身の調子が悪くなると心が弱いなどと自分を責めてしまう人もいます。ですが責任を感じてしまう事自体がストレスになります。場合によっては会社を休んだり異動なども必要になりますが、治す事が一番という姿勢でいる事が大切です。自分ではなく家族や同僚などが心療内科に通う事もあります。そんな時も温かく見守るのが良いため、強く励ましてもプレッシャーになります。しかし無関心も良くありません。適度な距離を保ちながら長い目で見てあげるのが一番です。ここ数年心療内科の数は増えているので、多くの人がストレスによる心身の不調に悩まされているのが現状です。今は元気な人でも将来体調を崩す可能性は誰にでもあるので、一人一人が身体の健康と同じように心の健康も大事であるという認識を持つのが理想です。そうすればストレスの多い社会が過ごし易くなるかもしれません。